加工について

表面の保護だけでなく、質感もガラリと変わります。
シール印刷では色々な加工がありますが、同じシールでもPPラミネート(透明フィルム)を貼って光沢を出したり、エンボス加工や箔押しなど、使い方次第で高級感もグッと高まります。

PPクリーンタック(透明OPPフィルム・銀ツヤOPPフィルム)素材

主な加工の種類

PPラミネート加工

艶あり・艶なしともにあり、表面の保護だけでなく、印刷面の色も鮮やかになります。

印刷面のラミネート加工(フィルム貼り・フィルムコーティング)

箔押し加工

シールの表面に一部金や銀の箔を押すことでとても高級感のあるシールに変身します。和紙などの凹凸のある素材や平滑性のない素材への箔押しは箔の定着が悪いため(きれいに箔押しができないケースがあります)、箔押し部分の仕上がりに拘るお客様はアート紙などの平滑性のある素材を選択してください。なお、箔押し加工の際には、熱をかけて箔を転写しますので熱に弱いフィルム系材料(発泡PETやカイナスなど)の場合には熱に素材が負けて溶けたようになってしまう場合や、箔が擦れたようになってしまう可能性がありますので、きれいに仕上げたい場合にはユポやPETなどの素材を選択してください。お客様のご指定で上記のような素材で箔押しがきれいに仕上がらない場合、弊社では一切責任を負えませんので予めご了承ください。

dressing_label01

エンボス加工

表面に凹凸をつける加工で、文字や絵柄を部分的に浮き出したような効果を出したいときに使用する加工方法です。一般的には下記の写真のようなホイル紙が最適ですが、アート紙やミラコート紙などでも可能です。和紙素材などはあまりエンボス加工がきれいにいかないので、避けた方が無難です。

エンボス型押しシール

ポッティング加工(ソフトウレタン樹脂盛り加工・ドーム加工)

印刷したシールの表面に、透明なウレタン系(またはエポキシ系)樹脂を乗せこんもりと盛り上がった加工方法。小ロットから加工できて、紫外線にも強いソフトウレタン樹脂盛り加工がおすすめです。経年劣化による変色が少なくて比較的柔らかい樹脂のため、貼りやすいです。樹脂盛りの厚みは調整できませんが、ソフトウレタン樹脂盛り加工の場合はサイズや形状などによって変わるため一概に言えませんが、おおよそ1.5ミリ程度の厚みになります。

ラメ入りの樹脂盛りシール


 

裏スリット加工

シールを貼る際に剥がしやすいように台紙にスリット(切れ目)を入れることもできます。比較的大きなサイズのシールの場合には重宝する加工オプションです。

連番印字ステッカーの裏スリット写真

ニス引き加工

印刷したシール素材の表面にニスを塗布する加工オプションです。PPラミネート加工と比較すると安価に表面保護ができるオプション加工です。


 

シールの素材について

シールの糊について

シールの印刷方法について

加工方法についてのご相談は・・

矢印

迅速に対応・御見積りのご提案させて頂きます。

シールの無料お見積りはこちらをクリック!

シール印刷のお見積りは無料です。お電話でも対応させていただきます。