シール印刷の専門工場ラベルマスター

メニュー
シール印刷のご相談やお見積りは無料です!お気軽にお問い合わせください!

FAQ よくある質問

FAQ よくある質問

アダルトコンテンツおよび公序良俗に反する印刷のご依頼について

アダルトコンテンツ(暴力や性などに関する内容の絵柄など)や公序良俗に反する絵柄の印刷およびその関連団体・法人・個人様からのご依頼につきまして、弊社では社内規定上印刷製造をお受け出来かねます。ご注文頂いても弊社で確認が取れました場合には、大変恐縮ですがご注文をキャンセルとさせて頂きますので、予めご了承の程お願い致します。また、マルチ商法、ねずみ講等の違法な商活動を行っている団体・法人・個人様からのご注文に関しても同様の理由にてお断り申し上げております。肖像権侵害、知的財産権侵害他、法律に反するご依頼・ご注文に関しましても製造をお断りしております。

Back To Top

仕上がった色と画面で見ていた色が違うのですが

パソコンの画面の色は実際の印刷の仕上り色とは異なります。パソコンの画面で見ていた色が紺色でもデータの色の配合が紫になっている場合には、印刷は紫色に仕上がります。同じくお手持ちのカラープリンターなどでプリントしたものも同様になります。ご家庭用(企業内)の一般的なフルカラープリンターは校正出力用の業務用出力機とはことなり、お手持ちのプリンターで色確認してご注文頂いても同じにはならないケースが殆どです。(カラープリンターなどでプリントしたものに色合わせをご希望のお客様もいらっしゃいますが、一般的なカラープリンターは色味に関して精度が低すぎるため実際の印刷現場で同じ色味にすることができません)色に拘る商品ラベルなどの場合には、オフセット印刷の場合には本紙色校正、凸版印刷の場合には本紙本機校正を必ずご利用ください(別途費用がかかります)。

使用する素材でも色味は変わります。色が沈みやすい上質紙への印刷と、発色の良いミラコート紙への印刷では全く同じデータで同じ印刷機で印刷しても仕上りの色味は変わってきます。ラミネート(艶有り・艶なし)も同様です。艶のラミネートは赤が若干強くなる傾向があり、全体の発色もよくなりますが、マットラミネート(つや消し)の場合には、すりガラスを上にかぶせたような若干白っぽい、色味が若干浅くなった感じに仕上がる傾向にあります。

仕上がったラベルの色合いが画面の色と違う・プリンターの色と違うという場合でも弊社では上記の理由により一切の責任を負えません。予めご了承ください。

Back To Top

シール印刷の費用はいくらですか?

シールの印刷はサイズ・色数・材質・加工及び印刷方法などにより変わりますので決まった価格はありません。ご希望の内容に合わせてその都度お見積もりさせていただきます。お気軽にご相談ください。 お問い合わせの際は、シールの用途、サイズ、素材のご希望、色数、絵柄のタイプ(写真が入るなど)と枚数をご連絡ください。折り返しスタッフよりお見積りをご案内させて頂きます。

Back To Top

最低ロットは何枚ですか?

特に最低ロットはありません。ただ、数量が少ない場合には単価が割高になるのでシール印刷の場合1,000枚程度が最低の経済的なロットの目安となります。もちろん多ければ多いほど単価は安くなります。シール印刷で小ロットの場合には、オンデマンド印刷、数量の多い場合には業務用印刷機での御見積りと、内容に応じて最適なご提案をさせて頂きますので、お気軽にお問い合わせください。

なお、オリジナル付箋の場合は最低ロットが500冊、両面荷札の場合は1万セット(20,000枚)が最低ロットになります。

Back To Top

注文後、どの位で商品が手元に届きますか?

通常のシールの場合、ご発注後データをご入稿頂き内容を確認後概算で5日程度からとなっています。加工内容や数量・種類などにより納期がかかる場合があります。ご発注の際には納期のご確認をお願いいたします。またお急ぎのお客様には特急サービスも有料にてお受けしています。 特急の場合の割り増し料金は印刷費用の3割になります。オリジナル付箋は3週間程度、荷札は2週間程度、樹脂盛りシールは2週間程度より となっています。

Back To Top

既製のシール仕様はありますか?

既製のサイズは現在ございませんが、成分表示ラベルなど、順次定型のシールも追加していきますのでお問い合わせください。

Back To Top

網が細かいので印刷で問題ないか心配なのですが。

凸版シール印刷の場合、3%以下の網は基本的に再現できません。(使い捨て版を使用した場合には、2%程度まで再現可能です)シールや付箋などの上質紙の場合、アート紙などと比較すると表面がざらついているため、印刷の再現性は低くなります。一般的にはデータを10%弱~15%程度(色や絵柄により幅があります)に加工できない場合には、本機校正を行うかまたは輪郭に線を入れてデータを作成してください。本機校正を行わない場合には、データなりの仕上がりになります。思ったように色が出ていない場合でも刷り直し等はお受けしていませんので、ご注意ください。

Back To Top

データ作成をラベルマスターに依頼することは可能ですか?

可能です。1点あたり1,500円(税別)より承っております。その場合には、サイズや内容などを送付のうえ、ご相談ください。

Back To Top

直接会って打ち合わせしたいのですが、来ていただけますか?

出来るだけ低価格にてご提供するため、原則お伺いすることは出来ません。スタッフが責任を持ってお電話やメールなどで対応させていただきますのでご安心ください。
※特殊加工がある場合や数量が多い場合など、弊社にてお打ち合わせが必要と判断した際にはお打ち合わせをお願いすることがあります。

Back To Top

見積もりはどうすれば良いですか?

見積もりフォームに必要事項をご記入のうえ、送信していただくか、電話・メール・ファックスにてサイズ・数量・加工・色数・イラスト/グラデーション有無/写真有無をご連絡頂ければお見積もりさせていただきます。

Back To Top

領収書は発行してもらえますか?

領収書が必要な場合は発行させて頂きますが、別途費用がかかります。 代引のお客様は、配達時にヤマト運輸より発行される領収書をご利用ください。(代引の場合、2重発行は行いませんので紛失等に十分ご注意ください。)

Back To Top

支払い条件を教えてください

原則事前銀行振込、代引、クレジットカード決済となっています。但し、総額30万円を超える場合には指定銀行口座への事前のご入金をお願い致します。30万円を超える場合は、ご入金確認後の着手になります。

Back To Top

特色は印刷できますか?

4色フルカラーの場合は別ですが、1色、2色、3色の単純なラベルの場合には、DICやPantoneなど特色にて色をご指定頂く形になります。よくわからない場合には、スタッフが製版の際に近似色に置き換えて印刷させて頂きますので、初心者の方も安心してご利用ください。

Back To Top

返品・交換は可能ですか?

仕様がご注文内容と異なっていたり、色が著しく異なっているなど、不良品の場合を除いてお受けしていません。あらかじめご了承ください。色に関しては、弊社が許容する範囲の場合には刷り直し等の対応はできません。色や仕上がりにシビアなお客様は別途本機校正(有料)を必ずご利用ください。本機校正を行わない場合には、データなり、仕上がりなりでの印刷になりますので、弊社では責任を負いません。素材や加工(箔押し・ニス引きなどを含む)特性などによる不可抗力事案に関しましても、弊社よりご提案差し上げた組み合わせでの素材や印刷方法で無い限り、返品や刷り直しなどの対応は一切行いません。なお、弊社に起因するクレーム等に関しましては、刷り直し(刷り直しで手直し可能な場合)や返金処理(刷り直しても物理的要因により良品製造が出来ない場合。※お客様ご指定の素材や印刷・加工方法にて製造する場合を除く。)を行わせて頂きますが、ご注文金額を上限とさせて頂きます。

Back To Top

リピート注文は可能ですか?

可能です。原則納品後1年間は最低データを保管していますので前回のご注文内容をご連絡ください。

Back To Top

WINDOWSのデータでも大丈夫ですか?

Illustrator, Photoshop のデータなら大丈夫です。 MACの場合には必ず拡張子をつけてください。また、ご入稿の際には必ず圧縮してお送りください。

Back To Top

入稿データが作成できません

イラストレータのソフトがないなど、お客様にてご入稿データが作成できない場合には弊社で代行作成行っています。内容にもよりますが、¥1,500(税別)〜となります。詳しくはお問い合わせください。

Back To Top

オンデマンド印刷ってなんですか?

小ロット向けのプリンターでの印刷です。業務用印刷機での印刷ではないため、色の調整は一切できません。特色指定がある場合などは凸版印刷がおすすめです。

Back To Top

箔押し加工がきれいに仕上がっていないのですが。

和紙素材への箔押しや、柔らかいフィルム系素材への箔押しの場合、一般的な素材への箔押しのようにきれいに箔が乗らない場合がございます。和紙(クラフト紙も含む)の場合には、その表面の凹凸のため箔の定着が悪く擦れたような箇所がでる可能性がございます。柔らかいフィルム系の素材(発泡PET素材やカイナスなど)の場合には、箔押し時の熱と圧によって基材自体が熱で伸縮したりきれいに箔が乗らない場所が出る可能性があります。柔らかいフィルム系素材の場合には、通常よりも箔押し時の温度や圧を下げ気味にして箔押し加工を行いますが、場合によっては不良品のように仕上がってしまうケースもございます。いずれの場合にもラミネート加工などを施した後に箔押し加工を行えば、問題回避はできますが、素材自体の風合いやメリットを活かせなくなるため、お客様のご希望によりラミネート加工などの回避策をとらずに印刷ご希望の場合には、お客様の責任において事前にご了承のうえ、ご注文ください。不適正素材への箔押しの場合には、弊社では一切刷り直しなどの対応は行いません。(再度印刷しても同様の仕上がりになるためです)

Back To Top

特色をPantoneで指定することは可能ですか?

特色印刷で、Pantoneでのご指定は可能です。ただ、DICは全色のカラーチップを保有しておりますが、Pantoneは新色がでることもあり、またご依頼が比較的少ないこともあり、全色カラーチップを揃えておりません。Pantoneにてご指定のお客様は、大変お手数ですが郵送などで事前にカラーチップを郵送してください。なお、DIC特色指定の場合も同じですが、白い用紙への印刷は基本的に問題ございませんが、透明素材や色紙への特色印刷の場合ご指定の色で印刷しても、白い用紙へ印刷するようには色がでないため、予めご了承のうえご注文ください。透明素材や色紙への特色印刷の場合には、指定通りの調合でインキを作成のうえ印刷を行いますが、上記理由により色の再現性は悪いため、刷り直しなどの対応は致しかねます。例)茶色いクラフト紙に鮮やかな水色で印刷しても、下地の茶色の影響をうけて水色にはなりません。

Back To Top

無料見積もりフォーム ご入稿フォーム 無料シール印刷サンプル依頼フォーム
お気軽にご相談ください! シール印刷に関するご相談は:03-6868-3100まで
hello@labelmaster.jp

自動見積り

お気軽にご相談ください! シール印刷に関するご相談は:03-6868-3100まで
hello@labelmaster.jp

営業日カレンダー

通常納期の目安は平日15:00迄のご注文(ご入稿)で下記カレンダーの緑色の日が出荷予定日になります。※データに不備等ない場合。

Calendar Loading
Calendar Loading

ご注文前にご覧ください

  1. シール印刷|訂正シール
  2. お支払方法と配送について
  3. シール印刷|凸版シール印刷機
  4. イメージ画像
  5. シール印刷|凸版シール印刷機