和風の商品ラベルの印刷事例3点のご紹介

マルウ接着社製の和紙(金)を使用して、凸版平圧印刷機で特色1色+金箔押しで仕上げました。この和紙素材は、表面に金箔や銀箔が散りばめられた素材でそれ自体に風合いがあります。筆文字も雰囲気よく印刷できました。

和紙(金)に特色1色+金箔押しで仕上げた商品ラベル

ラベルを拡大してみました。素材の表面に金箔や銀箔が見えます。

和紙(金)に特色1色+金箔押しで仕上げた商品ラベル

和紙(金ピカ)に特色1色+銀箔押しの和風ラベル

2番目の和風ラベルは同じくマルウ接着社製の和紙(金ピカ)に特色1色+銀箔押しで仕上げました。この素材は表面がシボ加工のようになっていてかなり個性の強い風合いのある素材です。フルカラー印刷などには不向きな素材になりますが、今回のようなシンプルな印刷・加工の場合には一味変わった風合いの和風商品ラベルに仕上がります。

和紙(金ピカ)に特色1色+銀箔押しで仕上げた商品ラベル事例

ラベル表面を拡大しました。見える模様のようなものが素材表面のシボ加工のような凹凸です。表面の平滑性には乏しいですが、凸版平圧印刷機では問題なく印刷できています。

和紙(金ピカ)に特色1色+銀箔押しで仕上げた商品ラベル事例

上質紙に墨ベタ印刷後、金箔押しのみで仕上げた和風ラベル

3番目は上質紙に墨ベタ印刷後、金箔押しのみで仕上げた和風ラベルです。上質紙はシール素材の中で一番安価な素材になりますが、とてもよく使われる素材のひとつです。渋い墨ベタ印刷と金箔がマッチして高級感が出ています。このラベルのように、ベタ印刷+箔押しの場合は最初にベタ印刷して、インキが完全に乾いてから再度印刷機にかけて箔押し加工を行います。2回印刷機にかけて製造するため、印刷工賃は上記の2点のラベルよりも割高になります。

上質紙に墨ベタ印刷後金箔押しで仕上げた和風ラベル印刷事例

箔押しの落款のかすれ具合もいい感じで仕上がっています。

上質紙に墨ベタ印刷後金箔押しで仕上げた和風ラベル印刷事例(拡大) 上質紙に墨ベタ印刷後金箔押しで仕上げた和風ラベル

 

上記の商品ラベル印刷仕様

素 材: 和紙 金<水溶強粘着>粘着紙
印 刷: 凸版平圧 特色1色
加 工: 金箔押し加工
仕 様: シート仕上げ
最低ロット:500枚程度より(最低経済ロットは3,000〜10,000枚程度になります。)

素 材: 和紙 金ピカ<水溶強粘着>粘着紙
印 刷: 凸版平圧 特色1色
加 工: 銀箔押し加工
仕 様: シート仕上げ
最低ロット:500枚程度より(最低経済ロットは3,000〜10,000枚程度になります。)

素 材: 上質55<一般>粘着紙
印 刷: 凸版平圧 墨1色
加 工: 金箔押し加工
仕 様: シート仕上げ
最低ロット:500枚程度より(最低経済ロットは3,000〜10,000枚程度になります。)

目安の納期:ご注文(ご入稿)から通常6営業日での出荷になります。

和紙や金箔・銀箔を使った商品ラベルのご相談は・・

矢印

迅速に対応・御見積りのご提案させて頂きます。

シールの無料お見積りはこちらをクリック!