アート紙にベタ印刷後、金箔押し加工で仕上げたシール印刷事例です

安く仕上げるには、今回のような絵柄の場合には金ツヤのホイル紙に緑1色で印刷することが多いのですが、今回は従来のラベルが箔押しで仕上げてあったこともあり、箔の色に拘りアート紙にベタで印刷後、金箔押し加工で仕上げました。ホイル紙の場合と比較するとだいぶ高級感がでます。

このラベルのように、ベタで印刷が入ってその上に箔押し加工が入るシールの場合には、一旦ベタを印刷後インキが乾いてから再度印刷機にかけて、箔押し加工になり工賃は2重にかかるため費用は割高になります。

ベタ印刷+金箔押し シール印刷事例

今回は、印刷用のデータがお客様のお手元になく現物からトレースして弊社にてデータ作成させて頂きました。中にはトレースできないものもございますが、データがなくて困っていらっしゃるお客様は是非一度ご相談ください。特色の色番号も不明だったため、印刷時に現場で現物にあうようにインキを調合のうえ印刷させて頂きました。だいぶ近い色になったと思います。

同じ金色でも、ホイル紙の金色と箔押しの金色とではメタリック感や質感、色味がかなり異なるため割高なりのよい仕上がりになります。

ベタ印刷に金箔 ラベル印刷事例

 

ベタ印刷に金箔 ラベル印刷事例

■クライアント:有限会社御母屋 様

御母屋さんでは、越後・上越のよもぎ笹だんごや新潟名物のちまきも通販で購入できるそうなので、是非御母屋さんのホームページもご覧ください。とても美味しそうです。

ホームページ:http://omoya.co.jp/

 

上記の箔押し商品ラベルの仕様

素 材: アート73<一般糊>粘着紙
印 刷: 凸版平圧 特色1色
加 工: 金ツヤ箔押し加工
仕 様: シート仕上げ

 

箔押し商品ラベルについてのご相談はラベルマスターへ!

矢印

迅速に対応・御見積りのご提案させて頂きます。

シールの無料お見積りはこちらをクリック!